不動産会社が買い取りする

不動産会社不動産会社が借地権を買い取るとなると、地主にとっても、借地人にとっても、不動産会社にも、それぞれメリットがあります。借地人は住み慣れた土地を自分のものにでき、不動産会社から土地の差額分の代金をもらい、新居費用にあてることも可能です。土地と新居を同時に手に入れることも出来ます。地主にとっても、底地を買い取ってもらいたいというニーズを満たすことができ、スピーディーに行えます。メリットのないように思える不動産会社ですが、実は普通に買うよりも、土地を安く手に入れられるというメリットがあります。借地権を早く売りたいと考えている借地人、底地を売りたいと考えている地主、そして安く土地を買える不動産と、それぞれにメリットが生まれます。このように売却に関わる、すべての人にメリットがあるのも、専門知識のある不動産会社が間に入るからです。

やはりそのような知識のない不動産会社だと買取は難しく、仲介メインで営業している不動産会社だと難しいです。借地権売却に詳しい不動産会社を探すこととなり、いざとなれば買取も出来るような会社を選ぶのです。また売却するときには地主との関係も良好である方が、話はスムーズに進むでしょう。

〈参考サイト〉ピタットハウス / 借地権売却無料相談


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

売却先

借地権の売却は、第三社に売るか、または地主に買い戻してもらうことが可能です。借地権付建物として売るならば、第三者への売却を考えることになるでしょう。第三者への売却は、通常は地主の承諾を得ます。住宅ローンを組み、家を建てて、土地の権利を売るならば、金融機関が抵当権を設置するので、地主へこの承諾も得ないとなりません。地主にとってメリットはなく、登記書き換えなどの費用は、借地人が負担します。または、低地と借地権を、同時に第三者に売却することも可能であり、こちらの方が買い手が見つかりやすいです。

売却地主に買い戻してもらうときは、地主との交渉のみで済み、手間や時間を比較的かけずに、不動産を手放せます。第三者に売却するよりも、高値で買い戻してもらえることも多いです。ただ地主との交渉がやはり必要となり、地主が買い戻しを希望しないこともあります。地主との関係が悪いと、買い戻しの交渉はなかなか上手くいかないでしょう。

さらには、地主の底地権と、借地人の借地権を交換する方法もあります。お互いに権利を交換するのみとなるので、現金を必要とせず売却でき、金融機関から融資を受けられないときに有利に売却を進められる方法です。


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

借地権を売る条件

借地権は、借地人が土地を借りる権利を買い取ってはいますが、勝手に借地人が売却することは出来ません。売却するには地主の承諾が必要となり、地主との話し合いを行います。途中で地主が変わることや、売却希望価格で売れないようなこともあります。自分で土地を所有している場合に比べると、不利になることが多いです。どうしても他人の所有している土地の権利を売るので、制約は付きます。

更地売却時は地主の承諾は必須とはなってはいませんが、仮に勝手に話を進めて売却すると、後々問題になることも多く、トラブルを避けるなら、話し合いはすべきでしょう。やはり地主にとっては、勝手に売却されて、知らない人が家を建てて住まれたとしては、面白くないのは当然です。

地主と良好な関係があれば、話し合いもスムーズに進むでしょう。借地権のある土地の売却は何も第三者に行わないといけないという決まりはありません。場合によっては、地主に買い戻してもらう方法もあるのです。ただ地主が買い戻すときは、建物を建てているなら、更地に戻して土地を返さないとなりません。更地にする費用は、借地人の負担となるので、その分の費用は必要です。地主に買い戻してもらうと、高値になりやすいというメリットがあります。


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

借地権を不動産会社に売却

借地権を売りたいとなると、地主にその権利があるので、希望通りの売値が付きにくいことがあります。または、土地を買い取って売れば、大きな利益を得られますが、買取資金が無いとなると金融機関での相談になりますが、なかなか融資を受けるのは難しいです。そこで借地権付きの土地を売りたいとなると、借地の扱いに慣れており、専門ノウハウのある不意動産会社に相談する方法があります。

不動産通常は借地権付きの土地は、土地を利用したい方に売ることになります。そのために、土地利用目的のある方がいないと、売り手を見つけるのが困難なこともあるのです。しかし専門ノウハウのある不動産会社ならば、いったん会社が底地を買い取ることも可能です。借地権と地主の持つ底地を、相互売買で交換することになります。特に広大な土地となると、個人で買い取るだけの資金を持っていないこともあり、さらには土地を分割して複数人に貸しているとなると、話がややこしくなります。個人で買い取ることが出来たとしても、その後は固定資産税も発生し、負担は増えるばかりです。

不動産が底地を買取後は、借地人の持つ借地権と底地を同額で売買すれば、現金を必要とせず、借地人は底地を買い取れます。ただこのような方法は、どこの不動産会社でも行えるわけではなく、借地権に詳しい会社であり、なおかつ資金力のあるところでないと難しいです。売却にあたり不動産会社に相談するならば、このような専門ノウハウのある会社を探すようにします。


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket