売却先

借地権の売却は、第三社に売るか、または地主に買い戻してもらうことが可能です。借地権付建物として売るならば、第三者への売却を考えることになるでしょう。第三者への売却は、通常は地主の承諾を得ます。住宅ローンを組み、家を建てて、土地の権利を売るならば、金融機関が抵当権を設置するので、地主へこの承諾も得ないとなりません。地主にとってメリットはなく、登記書き換えなどの費用は、借地人が負担します。または、低地と借地権を、同時に第三者に売却することも可能であり、こちらの方が買い手が見つかりやすいです。

売却地主に買い戻してもらうときは、地主との交渉のみで済み、手間や時間を比較的かけずに、不動産を手放せます。第三者に売却するよりも、高値で買い戻してもらえることも多いです。ただ地主との交渉がやはり必要となり、地主が買い戻しを希望しないこともあります。地主との関係が悪いと、買い戻しの交渉はなかなか上手くいかないでしょう。

さらには、地主の底地権と、借地人の借地権を交換する方法もあります。お互いに権利を交換するのみとなるので、現金を必要とせず売却でき、金融機関から融資を受けられないときに有利に売却を進められる方法です。


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket