借地権を不動産会社に売却

借地権を売りたいとなると、地主にその権利があるので、希望通りの売値が付きにくいことがあります。または、土地を買い取って売れば、大きな利益を得られますが、買取資金が無いとなると金融機関での相談になりますが、なかなか融資を受けるのは難しいです。そこで借地権付きの土地を売りたいとなると、借地の扱いに慣れており、専門ノウハウのある不意動産会社に相談する方法があります。

不動産通常は借地権付きの土地は、土地を利用したい方に売ることになります。そのために、土地利用目的のある方がいないと、売り手を見つけるのが困難なこともあるのです。しかし専門ノウハウのある不動産会社ならば、いったん会社が底地を買い取ることも可能です。借地権と地主の持つ底地を、相互売買で交換することになります。特に広大な土地となると、個人で買い取るだけの資金を持っていないこともあり、さらには土地を分割して複数人に貸しているとなると、話がややこしくなります。個人で買い取ることが出来たとしても、その後は固定資産税も発生し、負担は増えるばかりです。

不動産が底地を買取後は、借地人の持つ借地権と底地を同額で売買すれば、現金を必要とせず、借地人は底地を買い取れます。ただこのような方法は、どこの不動産会社でも行えるわけではなく、借地権に詳しい会社であり、なおかつ資金力のあるところでないと難しいです。売却にあたり不動産会社に相談するならば、このような専門ノウハウのある会社を探すようにします。


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket