借地権を売る条件

借地権は、借地人が土地を借りる権利を買い取ってはいますが、勝手に借地人が売却することは出来ません。売却するには地主の承諾が必要となり、地主との話し合いを行います。途中で地主が変わることや、売却希望価格で売れないようなこともあります。自分で土地を所有している場合に比べると、不利になることが多いです。どうしても他人の所有している土地の権利を売るので、制約は付きます。

更地売却時は地主の承諾は必須とはなってはいませんが、仮に勝手に話を進めて売却すると、後々問題になることも多く、トラブルを避けるなら、話し合いはすべきでしょう。やはり地主にとっては、勝手に売却されて、知らない人が家を建てて住まれたとしては、面白くないのは当然です。

地主と良好な関係があれば、話し合いもスムーズに進むでしょう。借地権のある土地の売却は何も第三者に行わないといけないという決まりはありません。場合によっては、地主に買い戻してもらう方法もあるのです。ただ地主が買い戻すときは、建物を建てているなら、更地に戻して土地を返さないとなりません。更地にする費用は、借地人の負担となるので、その分の費用は必要です。地主に買い戻してもらうと、高値になりやすいというメリットがあります。


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket